新着記事

トレーニング

ウェイトトレーニングについて考える その2

誤解のないように先に僕の申し上げると、ウェイトトレーニングは否定しません。筋力は筋量に比例すると科学的に証明されています。ただ闇雲に肯定することもしません。 以下の記事の補足としてまとまりのないよもやま話をさせていただきます。 ...
トレーニング

ウェイトトレーニングについて考える

どうやれば強くなれるか。答えがないから難しいですよね。でもそこが面白かったりもするのですが。 今回は僕なりの考え方、特にボクシングではどんな考えで僕がトレーニングをしているかをお話します。 何を信じたいか ま...
運動理論

腕の反動動作とテノデーシスアクション【パンチ力強化】

テノデーシスアクションと呼ばれる体の作用について。 配膳の時ってこの姿勢でお膳を持ちますよね。肘を90°にします。 この角度で肘の腱が固定される仕組みがあるからです。僕達人類は無意識に楽な姿勢を習得している、またはできるから...
股関節おじさんの勉強部屋

素朴集合論の集合の定義

集合と元の素朴な定義について学んでいきます。公理的集合論では厳密に集合を定義するようですが、慌てずに素朴集合論の定義から学びます。 集合 集合の定義 けっこうあっさりしていて「集合とはものの集まりである」です。整数、自然...
プライベート

教養ではなく、体験と希望を語れるように

Don’t tell me how educated you are, tell me how much you have traveled.あなたがどれだけ教養があるかを伝えるな。あなたがどれだけ旅をしてきたかを伝えなさい。ムハンマド ...
プライベート

ボクシングの魅力について【ラジオ】

ボクシングの魅力、愛を公共の電波に乗せ、銀河の果て、時間の果てまで届けました。 数百万年後の宇宙のどこかに僕の声を拾ってくれる生命がいるかもしれない。地球が無くなった後も、僕は電磁波として宇宙を彷徨いボクシングの魅力を伝...
スポンサーリンク

よもやま話

よもやま話

攻殻機動隊に学ぶ人間関係論

僕は10代で攻殻機動隊を知って人生観が大きく変わったなって思いがあって、きっとハマった人なら分かってくれるとは思うんですよ。僕史上では人格が変わる程度には衝撃的な作品でした。TVアニメ版は三億円事件、グリコ森永事件などの未解決事件をモデル...
よもやま話

【共同親権】離婚する前にお父さん、お母さんに知ってほしいこと【単独親権】

現在、僕は娘の母親に面会交流(子供と会う)を拒否されて、ずっと娘に会えずにいます。この間にも娘はきっとおしゃべりが上手になって、色んなことを学んでいるだろうと想像すると悔しいし悲しいです。裁判所への申し込みの手続きには非常に時間がかかりま...
よもやま話

ボクシングはアートだ!

以下の記事で「我慢する」という価値観がボクシングに蔓延しているのでは?と僕の主張をしました。少し前、産業革命から軍国主義、高度経済成長期、日本人は我慢することを求められました。その時代には「我慢する」ことに合理性があったはずで、戦時下や経...
よもやま話

「リズム」「距離感」「ガードを上げる」…etc 全て「反応する」で解決できる

ボクシングを教えていて感じることは僕もそうでしたが、「型」に拘るひとがあまりに多いこと。そして「型」にハマって本当に大切なことが抜け落ちてしまっていること、です。 相手の動きに反応する 「型に拘る」とは意識を心の中...
よもやま話

「因果応報」はこの世の番人

「因果応報はこの世の神」説 因果応報 因果って恐いですよ。神様っているんだろうなって僕は思っているんです。GOD とか八百万の神、アッラーのような宗教上の偶像化された神ではなく、現象的な神のことです。例えば因果応報、バタフライ...
よもやま話

【自動システム】フロー状態の長濱説とその入り口【凝視】

ネットを徘徊していたらたまたま見つけました。凝視による自動制御の説明に近いです。「フロー」というのだそう。 フロー状態へ入るには言語を排除する 完全な主観的体験 上のTwitterの意味を理解するには、僕が「...

股関節おじさんの勉強部屋

股関節おじさんの勉強部屋

素朴集合論の集合の定義

集合と元の素朴な定義について学んでいきます。公理的集合論では厳密に集合を定義するようですが、慌てずに素朴集合論の定義から学びます。 集合 集合の定義 けっこうあっさりしていて「集合とはものの集まりである」です。整数、自然...
股関節おじさんの勉強部屋

素朴集合論とラッセルのパラドックス

数学を学んでいる時間が今は一番楽しくて、息抜きとして心が疲れた時にだけやっていいって決めてはいるのですが、一度始めると5時間とかはあっという間で。学生の頃に目覚めてくれればね。よかったのに。 ボクシングを考えるのが疎かになっています...
股関節おじさんの勉強部屋

直積の定義と例

直和の定義の次は直積を見ていきます。忘れないようにメモしておきますが、これは整数の定義を理解したいというのが発端となっています。 直積 概要 数学において、集合のデカルト積(デカルト­せき、英:Cartesi...
股関節おじさんの勉強部屋

直和の定義と例

自然数に続いて整数の定義しようと思ったら、そのためには同値類という集合の分類を定義する必要があり、さらにそれを定義するためには直和と直積という定義を学ばなきゃならんようなんで、やっていきます。 直積、直和という概念は物理学にも応用さ...
股関節おじさんの勉強部屋

数学は何をしているの?何が学べるの?何が楽しいの?

今回は僕が独学してハマった数学の僕なりの面白さ、数学が本質的に何をしているのか?という僕なりの解釈をお話します。 そのとっかかりとして「演算」という概念の話をします。 演算の定義 数学のやりたいこと 数学は真理を解...
股関節おじさんの勉強部屋

自然数の演算の閉性

自然数が群であることを証明します。 ここまでの道筋としてはこんな感じ。「数について学ぼう→n次元数空間を知る→n次元数空間はベクトル空間の概念が適用される→ベクトル空間の線形変換には行列の概念が必要→行列積は連立方程式の応用→演算て...

運動理論

運動理論

腕の反動動作とテノデーシスアクション【パンチ力強化】

テノデーシスアクションと呼ばれる体の作用について。 配膳の時ってこの姿勢でお膳を持ちますよね。肘を90°にします。 この角度で肘の腱が固定される仕組みがあるからです。僕達人類は無意識に楽な姿勢を習得している、またはできるから...
運動理論

パンチで体を持ち上げない

以下の動画が分かりやすいかと思います。長岡のbefore&afterです。 この投稿をInstagramで見る 陸長濱(@r.npugilist)がシェアした投稿 詳細に長岡の動...
よもやま話

凝視と感覚的記憶と自動システム

以下のインスタで説明しているように、記憶には「言語と映像」のような、僕らが直感的に想像する、所謂記憶に加えて、僕らの直感には反する感覚的記憶があります(長濱説)。運動の記憶、身体の記憶、感覚の記憶と色んな表現が思いつきますが、身体に保存さ...
運動理論

ベテルビエフの強さに迫る! 反発の強い姿勢

あの強さ手に入れたいですよね。男なら。小細工なしの正面突破。 メイウェザーは巧い。だけど何か違う。だって、メイウェザーはボクシングというゲームを攻略しただけで、殴り合いって原始的なボクシングの理念から遠ざかっている気がするから。 ...
よもやま話

運動の世界観

世界観とは世界を統一的に理解する視点のことで、言い換えると個々人の頭の中にある仮想世界のことです。当然これは人によって異なるため世界は人それぞれ異なった姿をしています。世界観を持っていないと思っている人でも無意識に世界観を築いています。例...
運動理論

手打ちのメカニズム(仮)で運動説明できる説

最近、跳躍、投擲、走行は手打ちのメカニズムで説明できんじゃね?って考えているのでその話をします。今回は手打ちの話に限りますが、二軸も混ぜると身体能力骨格由来説と結びつけて、スポーツを簡潔に説明できる予感がしています。 腕...

技術

技術

【骨格立ち】仲里会長の指導方法【投げる】

仲里会長は「ボクシングクラブオキナワ」というジムで選手を指導しています。常にミットをもっていて、指導に熱心な会長だと感じます。 仲里会長の現役時代。 どうして今日仲里会長のことを書こうと思ったかというと、仲里会長の...
技術

手打ちのスピード感 「『殴る』と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!」

手打ちのスピードのイメージをお伝えします。ボクシング教室、平仲ジムでの経験から99%の方は弱い運動の観念に囚われていると言えます。 この投稿をInstagramで見る 陸長濱(@r.npugil...
トレーニング

ウズベキスタン式トレーニングに学ぶ

ウズベキスタンのトレーニング環境って恐ろしいというか。大陸の全体主義的な思想を色濃く感じます。島国日本で育った僕の目には異様な光景として映ります。 ロシア式 でもとても参考になる。ロシア式ボクシングシステムの理念とロシア式トレ...
技術

凝視による自動制御のポテンシャル

凝視の記事へのアクセスが増加していますので、SNSに投降したものをまとめました。 凝視のポテンシャル 以下凝視のポテンシャルが分かりやすい動画を載せて置きます。 彼らジュニア選手に初めに教えたのが...
技術

前重心と後ろ重心の違いついて考える その2

以下の記事の続きで所謂後ろ重心について考えてみます。前回も書いていますが、使いたくない程度にはこの表現嫌いなんですよね。行ったり来たりするのが普通なので、後ろ重心とか前重心って括るのに違和感。それに上手い選手は前傾しても重心は残ります。下...
技術

前重心と後ろ重心の違いついて考える

前重心 = 攻撃的、後ろ重心 = 守備的って分類はあまり好きじゃないんですよね。テキトーすぎて。いわゆる前重心で守備的な選手ってチャーロ兄、井岡チャンプなどなど、沢山います。所謂後ろ重心で攻撃的な選手はカネロ、カシメロ、ベナビデス兄など知...

戦略

戦略

マイキーの戦略のストーリーについて考える

戦略に対する僕の考え方は以下で記事にしていますので、こちらと合わせて読むと分かりやすいと思います。 ストーリーの一貫性 動画も沢山作りました。 一貫性 ス...
戦略

ドネア「全額プッシュだ…!」 ハッタリを効かせて番狂わせを起こす

パッと思いつく番狂わせ。 格上に勝つにはハッタリを効かせる。自分の土俵を見つけたらそこに全ての資源を投下して相手を引きずり込む。その後はハッタリをかまして相手を混乱させる。その巧みさ次第で相手は勝...
戦略

ボディーブローは徐々に効く…???

ボクシングしたことある方は納得してくれると思います。ボディーブローは徐々に倒してくれる優しいパンチではありません。一発で効きます。でもなぜか「ボディーブローのように...」って徐々に効いてくるって慣用句的に使われていますよね。 後半...
よもやま話

ハイガードと移動性と連続性

チャーロ対カスターニョが今週末あるみたいです。ちなみに僕はカスターニョの勝利予想なんですが、チャーロのスタイルが好きです。 ハイライト見ていて思ったんですが、連続性、移動性に特化するスタイルの選手はガードが高い傾向にあり...
戦略

ビボル vs カネロ ボクシングは自らを実体より大きく見せる心理戦

以下のシーンを翻訳します。 ビボルがスパートしてカネロをロープへねじ込みます。この時ビボルは比較的長めに攻撃し勝利の意思をカネロとレフェリーへ伝えました。カネロはディフェンスでこの意思を完全否定できなかったと...
戦略

カネロの弱点へ集中砲火とビボルの未体験ゾーン

明日ビッグファイトがありますね。ビボル vs. カネロ。 以下の試合を見て両選手を比較しましたが、最初の印象の通り移動性と連続性に特化したビボルと決定力に特化したカネロ、ロシアンスタイルとメキシカンスタイルという面白い構...

初心者向け

初心者向け

ガードを上げ続けることの弊害

ガードを上げる。もうこれ、当たり前であるかのように、絶対に常に正しいかのように言われていますよね。でも本当にそうなのか。今回はガードを上げ続けようとすることの弊害について考えます。 因果関係を見誤るな マイク・タイ...
初心者向け

スパーリングの恐さを克服するトレーニング

ボクシングのトレーナーとして始めたばかりの人たちを本気の殴り合いのストレスに慣れさせるのって大きな課題なんですよね。 殴り合いは恐いです。でも克服できます。ただ、かっこつけて「恐がっている事実」から目を背けてしまうと、それは改善され...
トレーニング

「殴る」「殴られる」時に必要な感情を獲得する

今回は初心者向けにスパーリングの恐怖感をどうやって克服するかをお話します。スパーリングが怖くなるのはいきなり練習の強度を上げてすぎているだけです。自然な拒否反応なので、落ち込まず前向きに考えてください。 条件付けスパーリ...
初心者向け

初心者向けディフェンスの階層 ブレインディフェンス

最下層です。「ブレインディフェンス」。いや、ネーミングカッコ良すぎでしょ。 ブレインディフェンス 敵の頭の中へ入れ。そして不快にさせろ。攻撃の雰囲気を出して近づきすぎると打たれるという、敵の警報を鳴らし続けろ。これ...
初心者向け

初心者向けディフェンスの階層 ショルダーディフェンス

続きやります。ショルダーディフェンス。日本では馴染みないディフェンスかもしれませんが、海外だとショルダーロールとか言われますかね。 このディフェンスはボクシングの必修科目です。 肩を回してパンチをはじき返す。多くの...
初心者向け

初心者向けディフェンスの階層 フットワークディフェンス

前の続きをやります。 前回同様に英語の勉強も兼ねています。 フットワークディフェンス 以下の動画の方の考え方です。 プレッシャーファイターと戦う時に考えるのは忙しく動かせて、バランスを作らせ...

プライベート

プライベート

教養ではなく、体験と希望を語れるように

Don’t tell me how educated you are, tell me how much you have traveled.あなたがどれだけ教養があるかを伝えるな。あなたがどれだけ旅をしてきたかを伝えなさい。ムハンマド ...
プライベート

ボクシングの魅力について【ラジオ】

ボクシングの魅力、愛を公共の電波に乗せ、銀河の果て、時間の果てまで届けました。 数百万年後の宇宙のどこかに僕の声を拾ってくれる生命がいるかもしれない。地球が無くなった後も、僕は電磁波として宇宙を彷徨いボクシングの魅力を伝...
プライベート

林の中の像のように

3週間の合宿完了しました。初体験ばかりで大変だった。でも毎日子供の頃のようにワクワクできて楽しかった。日々の時間の全てを自分で支配できることに喜びを感じ、あれがない、これがないと無意識に抱えていた不要な執着が削ぎ落され、抑圧されていた心が...
よもやま話

大切な思い出を鮮明に

フォトグラファーのヤザンに楽しい思い出を形に残してもらいました。 年を取ると思い出は色褪せていきますが、写真として形に残しておくことでその時の思いを長く心に留めておくことができます。 スマホをスクロールして過去へ遡...
プライベート

戦闘機ブンブン飛んでる

ペロシさんが訪台したことで米中関係の緊張感が高まっていて、それを機に沖縄の上空は戦闘機が飛び交ってます。そういえば安倍元総理はこの直前に暗殺されてますね。 世界的にまるで誰かが仕掛けたかのようなインフレが起こっています。ヨーロッパ、...
プライベート

東京ボクシング教室の感想

充実した10日間 お陰様で東京合宿二人分の旅費を捻出できました。次回は今月の下旬、または来月の初旬、場所は関東と関西での開催を計画しています。ブログ、SNS等で情報は発信させていただきます。 今回高校生の参加もあり、またジュニ...

選手分析

トレーニング

ウズベキスタン式トレーニングに学ぶ

ウズベキスタンのトレーニング環境って恐ろしいというか。大陸の全体主義的な思想を色濃く感じます。島国日本で育った僕の目には異様な光景として映ります。 ロシア式 でもとても参考になる。ロシア式ボクシングシステムの理念とロシア式トレ...
選手分析

ウェルター級強すぎない?

ウェルター級は層の厚さに由来した競争の激しさから群雄割拠していて、誰が一番強いだろうか?って議論がホントに面白いですよね。そしてその議論は決着に向かっています。 そしてクロフォードとスペンスの因縁に白黒が付いた後の次世代ウェルター級...
選手分析

ボクシングのif… マイキーがライト級に留まっていたら

マイキーがライト級に留まっていたら マイキー・ガルシア引退しました。好きな選手だったので残念です。 無駄のないスタイル 無駄を徹底的に排除した一つの完成形でジャブ、ワンツー、左フックで試合を完結させるのがマイキー・ガルシ...
選手分析

手打ちの権化シーサケット負けた…

以下の記事でも紹介しましたが、シーサケットは手打ちの権化。ディフェンスや相手の守りを崩していく戦術面は弱点ですが、足を止めるロマゴンみたいなタイプは大好物で、手打ちのアドバンテージをいかんなく発揮します。 逆に今回のロドリゲスのよう...
選手分析

那須川天心 vs. 亀田興毅 現時点で思うこと

以下のリンクの動画を見て率直に感じたことを述べていきます。 Twitterのフィードで毎日のように那須川関連の話題を見ます。驚くべき話題性ですね。若干エンタメ寄りですが... ボクシングどれくらい? 率直に感...
運動理論

ベテルビエフの強さに迫る! 反発の強い姿勢

あの強さ手に入れたいですよね。男なら。小細工なしの正面突破。 メイウェザーは巧い。だけど何か違う。だって、メイウェザーはボクシングというゲームを攻略しただけで、殴り合いって原始的なボクシングの理念から遠ざかっている気がするから。 ...

メンタル

よもやま話

【自動システム】フロー状態の長濱説とその入り口【凝視】

ネットを徘徊していたらたまたま見つけました。凝視による自動制御の説明に近いです。「フロー」というのだそう。 フロー状態へ入るには言語を排除する 完全な主観的体験 上のTwitterの意味を理解するには、僕が「...
メンタル

【ウシク】スランプと認知バイアス【ジョシュア】

スランプとその原因についての長濱説です。 AJはスランプ AJの表情に力がない これは個人的な感想なのですが、この時のような大胆不敵さを今のAJからは感じません。無敵時代は堂々として自信満々で、だ...
メンタル

アウトボクサーのマインドと態度

Youtubeでアウトボクサースタイルの方から接近戦の時はどうやって恐怖を克服したらいいですか?って質問がありました。多分、接近戦が恐いのではなく、その方は殴られることに抵抗があるのだと思います。殴られることへ不安や恐怖がある方がどうやっ...
メンタル

”あえて”上手くやろうとしない 勝負におけるマインドセットは「開き直り」

井岡一翔 vs. ドニー・ニエテスから学ぶ! 達人二人の技巧は勉強になりますね。中でも僕は二人のいい感じの脱力感、開き直り感が勉強になりました。 ボルトの言葉にこんなものがあります。「速く走る為には、速...
メンタル

戦いのマインド「ジョーカー」

心象って抽象的なものなんで説明するのがとても難しいのですが、動画があるとイメージを作りやすいんじゃないかと思って、オモシロ半分で作ってみました。 ドネアは「征服者」で僕の場合は「捕食者」に近いかなーって思います。こんな風に獰猛なマイ...
メンタル

ボクシングは心理戦だ! 戦いのマインドを持て!

ドネアのマインドは「征服者」。あなたはどんなマインドで戦っていますか?人生もボクシングも大切なのは「心」です。 獰猛なマインドを持て この投稿をInstagramで見る 陸長濱...

ニュース

ニュース

アンディ・クルス神が亡命

キーショーン・デービスの時に紹介したキューバのトップアマですね。アメリカンドリームを夢見てやってくるのでしょう。キューバはガンボア、リゴのように背水の陣です。金にならなければ用無し、かませ犬として大きな選手と戦わされるか干され...
ニュース

カシメロの王座剥奪について思うこと

規定違反カシメロ、ついに王座剥奪 「全会一致」とWBO発表、バトラーが正規王座昇格 王座剝奪の流れはこう。サウナで減量↓イギリスはサウナ減量禁止↓王座剝奪↓正規王者のバトラーが正規王座昇格 これで「あーカシメロはバカだから」で...
ニュース

キューバがボクシング参戦!

ベテルビエフにGGG、コバレフにブタエフ。恐ロシアを象徴する東側諸国のトップアマ。 そして、ついにキューバがプロボクシング参戦。キューバのトップアマがプロ参戦 僕はアマについては知らないんですが、キューバだとアンデ...
ニュース

日本ボクシングの激流

動き始めた日本ボクシング。全てのコンディションが整えば、これは間違いなく激流になります。 この流れに乗る、そのために今、行動を起こす。 流れに乗れ!!! 村田選手が年末にGGGと試合をすることが大筋合意されたみたいです。...
ニュース

日本のライト級に刮目せよ

世界的にはL級はロペス選手がロマチェンコ選手に勝つ波乱があったり、他にもデービス選手やライアン・ガルシア選手など話題が多い階級です。 でも今回は国内の話題です。海外に負けず劣らず日本のL級も盛り上がっています。来年はかなり話題になる...
ニュース

注目試合 中谷正義 vs. フェリックス・ベルデホ

面白い試合が決まったみたいです。中谷選手はライト級でロマチェンコを倒したテオフィモ・ロペス選手と対戦し最も苦戦させたと言われている選手です。僕も試合を見ましたが、どちらが勝ちでもおかしくない判定だったと思います。アウェイの試合だったのでそ...
タイトルとURLをコピーしました