運動理論

マイク・タイソンの強さに迫る PART 1【ヘッドムーブメント】

この間エキシビションマッチを行ったマイク・タイソン氏(以下タイソン)を考察していきます。多分地球上で最強の50代だと思います。 このシリーズがファイターを目指す方の参考なればと思います。 上の動画で驚いたのはタイソ...
戦略

【ロング】僧帽筋と大胸筋の連動 打撃のベースは投擲動作【フック】

骨格の構造から考察して股関節と肩甲骨は連動すると以下の記事でお話しました。今回は大胸筋と僧帽筋の連動という側面から股関節と肩甲骨の連動の理由を考察していき、動物の中で唯一人間にだけ与えられた「投げる」という動作をロングフックへ応用すること...
運動理論

股関節に乗ると踏ん張りが強くなる

今回は骨格立ちで踏ん張りが強くなるという話をします。毎回そうですが、僕の感覚を理論化して考察してみた内容になっていますので、まったく別の要因も考えられます。 股関節と膝関節、足関節の連動 この話を突き詰めていくと一見すると棒...
スポンサーリンク
技術

【ローダッキング】メイウェザーのディフェンス PART3【股関節屈曲】

今回はメイウェザー選手の股関節屈曲、ローダッキングについて見ていきます。ローダッキングと言うのはベルトラインより低い位置に頭を持っていくような低いダッキングのことです。厳密に言えば反則です。でもアメリカだと普通に使われているイメージのある...
よもやま話

「膝!母指球!中心軸!前重心!」 ねぇそれ、本当に正しいの?

最新のyoutubeのコメントでこんな意見が寄せられました。 膝でダックをやるように教えられましたが、たしかに違和感でした。 なんか無理にしんどいことさせられてるようで。膝に負担が係るので痛くなるし。 しかも、左フックをよけ...
よもやま話

リオネル・メッシに学ぶスポーツの駆け引きの本質

メッシ選手は僕が高校生の頃に物凄い選手が出たと騒がれていた選手で、当時体育でサッカーをやっていた僕は興奮してそのプレーを見て真似していました。未だにサッカー界のキングとして君臨しているとのことなので、10年近く一流を維持しているトンデモな...
運動理論

股関節軸と脊椎軸

以下の記事で少しだけ触れました「股関節軸」についてです。日本のボクシングジムで教えられるのは身体の中心、脊椎の位置に軸を置く「脊椎軸」が多いと思います。間違ってはいません。静止している時に脊椎に軸を置けくことでバランスが保てます。日常生活...
選手分析

TIMING BEATS SPEED 井岡一翔 vs. 田中恒成

凄い試合でした。普段ボクシング観ない層が見ていてくれたら嬉しいなーなんて思いながら僕は観戦しました。 スピードとパワーで大きく勝る相手を負かす。見た目の派手さ、印象の強さでは田中選手なんですよ。ボクシングって面白いですよね。 ...
よもやま話

問題の解決は潜在意識に任せてみる

僕が日頃感じる潜在意識の隠された力についてお話します。同時にこれは僕が「インナーゲーム」を読んで潜在意識であるセルフ2に全てを任せてみようと思った理由にも繋がっていきます。 気がついていない人も多いです...
運動理論

【脱力】二足歩行の最優先事項は、転倒防止【骨盤前傾】

今回は骨格の構造で身体を支える『骨格立ち』が何故重要なのか少しだけ踏み込んでお話をします。これまで運動理論編で人間は四足歩行の骨格を無理やり二足歩行へ適応させているとお話してきました。それにより、広い視野と自由に動かせる腕を手にできたんで...
トレーニング

身体の使い方だけ、後は全てを任せる

最近僕が考え始めていることをお話します。それは指導方法、運動の学習方法についてです。僕はボクシングのインストラクターをしているんです。で、色んな方々を指導する内にいろいろな発見があるんです。 そんな中で僕が少しづつ理解し構築し始めて...
よもやま話

サイレントピリオドとパンチ

サイレントピリオドは日本語だと「動作前筋放電休止期」という難しい言い方をします。素早い動作を行う直前に筋活動が不随意に停止し弛緩(脱力)する瞬間のことを指して言います。運動に熟練すればするほどサイレントピリオドが起こりやすいという報告もあ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました