長濱式股関節トレ

トレーニング

最近積極的に取り組んでいるトレーニングを共有します。

下のリンクの長濱式股関節トレは、基本的に骨で床を踏むためのトレーニングです。

腕を動かした反力は骨格を介して床へ伝わります。前鋸筋が弱いと腕も床が接続されませんし、股関節の筋肉が弱いとこれまたグラグラと骨格が揺れて力が床へ直に伝わりません。

また、バランスが悪いのはバランスが悪いからでも、パンチが弱いの派パンチが弱いからでも、動きが緩慢なのは動かが緩慢だからでもありません。

骨格自体とその使い方に問題があります(長濱説)。

以下はそれらの問題を両方から改善する、という僕の仮説に基づいたトレーニングです。

肩甲骨と股関節は両輪で動かしていると考えてください。どちらかの動きが鈍いと一方の動きも抑制されます。股関節が強いかは肩甲骨が強く動く、肩甲骨が強く動くから股関節がさらに強す動く。自己強化型のフィードバックループです。

Instagram

強く反発する構造にする。

Instagram
Instagram
Instagram
Instagram
Instagram
長濱陸Tシャツ

お求めはこちらから

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました