フロー体験の話

よもやま話

単に僕が「都市伝説が大好きだ」と言うと陰謀論者だと思われることがあるので、誤解のないように説明しますが、口裂け女とか古代宇宙飛行士説とかが都市伝説です。陰謀論も好きですけどね。陰謀論否定派、肯定派は両陣営とも論理性が子供染みていて距離を置きたいというのが本音なので、一緒にされると嫌です。

閑話休題。ナオキマンの動画もたまにですが見ます。大好きです。
で、驚きました。僕のフローと同じ体験をしている人がいます。
説明も僕とそっくりなのもまた。心臓が飛び出しそうなほど興奮しました。

「頭から言語が消える」は僕と同じ表現ですし、「潜在意識、顕在意識のオペレーターがいる」「意識が右脳へ移った」は僕が「主観と客観の統合=自我の獲得」と表現しているものと同じです。
主観(直感)が先行し、それに客観(線形の言語的論理)が追従した場合にのみ、フローが起こります。
「直感は即座に行動に起こせ」も同じですね。直感は潜在意識の強力な計算能力が弾き出した結論なので、即座に行動に移した方が利益が大きくなります。

「朝起きたら今日やるべきことが分かる」「問題の答えが頭の中に置かれている」という奇妙な体験も類似します。「これを調べれば分かる」とか「これがこうなのは、こうだから」みたいな感じで目が覚めた瞬間に前提から結論までの論理を直感(閃き、アハ体験)したり、行動の方向性が提示されているんです。

奇妙な体験だと僕自身も思うからこそ、僕は僕のものではないという感覚になるんです。別の言い方だと「使命感」って奴です。直感は神からの指令で、神に使命を与えられているという錯覚が起こります。
もちろん、使命感の正体は科学的な説明ができるはずだとは思いますが、それでも主観的には何かに導かれているような気がするんです。
頭の中にある、真の僕が置いといてくれた論理を検証すると問題を上手く説明できる。奇妙な体験ですが、本当にある日を境に頻繫に起こるようになりました。「在るのなら在る、無いのなら無い」もここから得られました。答えは探す必要はなく、在るのなら在るんです。

散歩している時にも似たような、強烈な「これはこう!絶対に!」みたいな直感が突如起こります。
僕が毎日昼寝と散歩をするのは、これに期待しているからってのもあります。マジで推奨します。

インナーゲームのガルウェイ、ブッダ、イエス、数学者ラマヌジャン、ダーウィン、ニュートン、勝海舟などの偉人のWikipediaを呼んでいると、同じ体験をしていることをなんとなく感じました。真の人の知性にアクセスしているんです。都市伝説では「アカシックレコード」インド哲学なら「アカーシャ」、古くは「シャーマン」のことで、脳科学では「認知的脱抑制」と言われている、脳に形成された、ある論理(ニューロン)構造だと思います。

人の創造性を覚醒させます。
体験しなければアホの妄言に聞こえると思いますが、ある日を境に潜在意識(主観、肉体)の声(直感)がガンガン頭で鳴り響くのを感じるようになって、顕在意識(客観、言語)の声が止まりました。僕はその時まで僕だと思っていた人格(客観)は僕ではないのだと悟ったんです。で、強烈な解放感があって、この体験を共有しなければならないって義務感が発生しました。ブッダが各地を行脚したのも同じ理由からだと思います。

ネドじゅんさんは世界が静かになったと表現していますが、その通りで、ある日から僕の世界も静かになりました。
「ああしろ、こうしろ」という頭の声が無くなったんです。頭の中が空っぽになって、貨幣経済システムや文化、文明に関する様々な情報、つまり人の社会が何故こんな形になっているのかって論理が頭の中に溢れてくるというか、それまでに理解できなかった仏教、哲学、数学、論理学、経済学の文脈が頭に溢れてきて、もっと単純に世界は記述されるべきだって気がしました。
同時に色んな執着がそぎ落とされて。金への執着が削ぎ落されると投資や自分の商売を含めて上手く行く方向性の直感が湧き起こってきたんです。そしてあっという間にそれだけで生活できるようになりました。「直感て凄い!」って。

元々、子供の頃からこの手の不思議体験はデジャヴみたいな感じで何度も経験していて、ずっと「何だろう」に思ってはいたのですが、29歳くらいから加速してきて、30歳で明らかに相転移を起こして局面が一瞬で変わりました。
長濱理論も考えたというよりは直感なんです。突然閃きます。神様がみんなに共有するために教えてくれたのだから、僕のものではないという感覚も一緒に。

同じような、一気に思考の論理が逆転して世界の見え方が変わった体験をしている人が居ることに驚きました。ブッダの悟りの定義やニーチェの超人、ガルウェイのインナーゲームにはその香りがあったのですが、僕と同じ体験を同じように表現している人が居ることには本当に驚きです。

これを体験すると、「人がAIに負けるわけねぇだろ、草」ってなります。
そして、フロー体験はあります。人の潜在能力です。

長濱陸Tシャツ

お求めはこちらから

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました