ボクシングのif… マイキーがライト級に留まっていたら

選手分析
スポンサーリンク

マイキーがライト級に留まっていたら

マイキー・ガルシア引退しました。
好きな選手だったので残念です。

無駄のないスタイル

無駄を徹底的に排除した一つの完成形でジャブ、ワンツー、左フックで試合を完結させるのがマイキー・ガルシアです。

ディフェンスも最小限のハンズディフェンスとカウンターによる抑止力で完結させます。
切れ味抜群のボクシングは芸術作品の域でボクシングの機能美を具現化したようなスタイルです。

無駄を削ぎ落して切れ味を限界まで高めた日本刀って美しいじゃないですか、それです、マイキーの美しさは。芸術、アートなんですよね、マイキーって。

技術的なことを言えば、左フックはかなり難しい軌道を飛ばしていて、あのレベルのフックを打てるようになるには最低でも僕程度までボクシングが熟練している必要があります。
僕ですらかなり難しいなって思います。
左フック巧みな選手にはカネロ、ライアン・ガルシアが挙げられますが、彼らの左フックの難易度よりさらにマイキーの左フックの難易度は高いと考えいます。
ジャブとほぼ同等の最小限の初動に加えて、ジャブの軌道に近い最短距離を走るため、左フックの初動がジャブのフェイントになっています。

ワンツーも特殊で、マイキー以外ににマイキーの打ち方している選手を見たことがありません。普通ワンツーのワンはフェイトで使われますが、マイキーは当てに行きます。
左ジャブを深く当てるとツーの右股関節のタメが弱くなって右を強振できなくなるのですが、マイキーは滑るようなステップで右股関節の為を左の後、即座に作り直します。

ブロッキングも高度で、肩甲骨の動きでディフェンスします。
これはカネロも同じような体の使い方をしています。
文章での説明が難しいので、気になる方は僕のパーソナルトレーニングを受けてほしいのですが、肘の回転ではなく、腕を肩甲骨に固定して肩甲骨の立体的な動きで背中ごと腕を動かしています。
このハンズディフェンスができるとパンチの衝撃が肩甲骨で受け流せるので、ブロッキングでバランスが崩れにくくなります。

要望があれば暇なので長岡とハウツー動画作ります。
動画で説明するのも難しいですが。

ロマとの対決は最高の実験だった

ロマとマイキーの対決は明日のボクシングを決める最高の実験だったんですけどね。

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました