二軸と一軸のスコープと踏み込みの違いと「横へ動く」信仰

技術
技術運動理論

二つの軸のスコープの違いに起因した踏み込みの違いを見ていき、横へ動く信仰の正体へ迫ります。

スポンサーリンク

表層を捉えるな

股関節を支点とした骨盤の回転、一軸的な打者の射程

股関節二つと肩関節を支点とした二軸てきな 打者の射程

赤いものがスコープ。
左が一軸で右が二軸。
スコープの違いに起因した踏み込みの角度の違いがあります。
真っすぐスコープへ入れに行く一軸、斜めにスコープへ入れに行く二軸。

GGGは特にこの特徴が現れています。

正面に相手に対して外側へ踏み込んで右。

右のスコープへ入れるために10時の方向へ踏み込んでいます。

サウスポーは特に二軸による動きを好むはずです。

換言するとサウスポーと戦うなら、二軸のスコープが必要です。

よく横へ動けと言われますが、スコープが一軸なら横へ動けません。
スコープで捉えるために正面へ立ち前へ動くしかないからです。

二軸なら横へ動く意識は必要ありません。

「横へ動く」信仰の謎もここで解けました。
強い選手はスコープが二軸だから横へ動いている。
傍からだと”横へ動くこと”が大切なことに見える。
そうじゃなかった。スコープが二軸であることが大切だった。
横へ動く意識は必要ありません。スコープを変えましょう。

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました