パワージャブ推進メカニズム

技術
技術

インスタにメカニズムについては乗せてありますのでご確認ください。
強いジャブを打つ選手で言えばチャーロ兄、GGG、モンスター、マイキー・ガルシア、バージル・オルティスが挙げられますが、パワージャブを打つためのポジション(姿勢)を常にキープしていますので、姿勢が似通っています。
具体的には左股関節荷重。

スポンサーリンク

パワージャブのメカニズム

最も理解していると思っていた長岡に誤解があったので、誤解を生まないように補足しておきます。
基本的にパンチの準備として投げる方の股関節へ荷重して力をタメなければなりません。
これはどのパンチも同じで右のパンチなら右の股関節、左のパンチなら左の股関節への荷重が必要です。
ただ、ジャブの強さによっては左の股関節への荷重が浅くても打つことができます。
感覚的にはほとんど荷重されませんし、意識的には全く荷重しません。

パワージャブと差別化の為に「クイックジャブ」と定義しておきます。
違いは左股関節のタメです。
ガッツリタメるのがパワージャブ。ほとんどタメを作らず打つのがクイックジャブ。

詳細に

長岡の勘違いは全ての推進のエネルギーを奥脚で調達しているというもの。
身体を推進するのは奥脚で間違いありませんが、左の腕を強く投げるための骨盤の強い時計周り回転を生むのは左股関節で、そのためのエネルギーが必要なので一度左股関節荷重が反射的に行われます。

荷重によるエネルギーの貯蔵。

ハムケツが活性化されます。

大殿筋です。
画像は右側なので頭の中で鏡像反転させてください。

収縮により股関節の伸展・外旋・外転動作を行い骨盤を回転させながら地面を押します。

荷重のエネルギーと左大殿筋の収縮によるエネルギーで左股関節が伸展と外転(骨盤が時計回り)を開始、身体が推進されます。

地面を押した左股関節が浮きあがります。
必然的に右脚への荷重が起こり右足からの反力によって身体が強力に推進。

左足で受けた後ろ向きの力を右足で反発させて前への推進力へ変換しています。

左右左の順に股関節の荷重を切り替えています。
中途半端な両足股関節への荷重ではなく、がっつり左右のどちらかの股関節に荷重できることはエネルギー交換が巧みであることの証明で、スポーツの上手さ、力強さに繋がっていきます。
歩く動作にも左右股関節の体重移動の上手さは現れます。

モンスターは左右股関節の荷重の切り替えが高速に行われていて分かりやすいと思います。

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました