呼吸と睨みと思い

メンタル

選手に教える過程で確信を得ることができました。
潜在意識(本能)に身を任せる方法です。

意識は完全な傍観者となり、事の成り行きを目撃するだけの存在となります。
不安とか期待のような感情もなければ思考なんてものはありません。

ただただ目の前の作業に没頭します。

以下簡単に作業に没頭させる方法を並べみます。

スポンサーリンク

呼吸と睨みと思い

完全に没頭した時にのみ現れるもう一人の自分のことは知っていました。
彼が主体となった時、最大の力を発揮することも。
でも彼に完全に身体を明け渡してしまう方法が分からなかった。
最近、選手を教える過程でそれが分かってきました。

呼吸

まずは呼吸。
呼吸が乱れると負の雑念が湧いてきます。
それを捕まえてしまうと負の思考に支配されてその場から逃げようと考えるようになります。

本能に任せるためには深い呼吸を継続して、慌てないことが大切です。

睨み

相手を睨みつけます。
脳にこれは縄張り争いの闘争であるということを認識させます。

そうすることで闘いの一点のみに意識を集中できます。

パンチを打つ時もディフェンスをするときも相手を凝視してください。

心理戦におけるプレッシャーの役割も果たします。

思い

「闘う」という抽象的な思いを持つだけ。
「カウンターする」でもなく、「ボディーを打つ」でもない。
もっと曖昧な「闘う」という思いを持つだけです。
本能が勝手に身体を動かしてくれます。
相手の隙を見つけ、そこに付け入るために迅速かつ的確に行動します。

大切なのは自分の潜在能力(本能)を信じて「闘う」と強烈に思うこと。

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
瞑想のやり方

脳の仕組み

超簡単です。

Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました