股関節活性化ならダンスがいい

よもやま話トレーニング

目の怪我を言い訳に運動をさぼっていたら運動不足で太ってきました。
何かいい運動はないかと思って前から密かに憧れていたダンスに挑戦してみました。
といってもチュートリアルをやっただけですが。

スポンサーリンク

ダンスは体幹操作に最適?

以下の動画を一通りやってみました。
で、実感としてめちゃくちゃいいトレーニングです。
前から思ってたんですよ。
ダンスの体幹操作、股関節操作を覚えるのってスポーツに適していると。
実際にやってみて感じました。
これはとってもいいトレーニングです。
僕は本気でボクシングをやっている方は一日10分でもいいので実践すべきだと直感しました。

この動画はステップのチュートリアルです、
股関節の捻りと左右別々に行えないとできません。
簡単そうに見えますがやってみると難しい。
運動神経が開発されていないので、頭で作り出したイメージを再現できません。
この動きはパンチの股関節の捻りに直結すると思います。

これも股関節の力を背骨、肩甲骨へ伝える練習に適しています。
腕だけしか動いていないように見えますが、股関節から背骨、肩甲骨の連動が上手くないと切れのある柔軟でしなやかな動きはできません。

トレーニングとしてのダンス

筋力トレーニングとしては負荷が低いですが複雑な身体操作が必要で、特に股関節が上手く使えないと難しそうな動きばかりです。
上記の動画を真似できるようになると股関節の筋群が活性化されるので強い伸展、内線、外転がパンチ力に生きると思います。

今後一日10分毎日やってみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました