肩甲骨の前傾と上腕三頭筋

股関節おじさんの勉強部屋

長濱式懸垂、ディップなどで筋力を強化して肩甲骨外転前傾で肩甲骨をロックできるようになると、腕が強くスイングされるのを感じると思います。

大胸筋が合理化されるんじゃない?って話は別の記事でしましたが、上腕三頭筋も関係している気がしているので上腕三頭筋の起始停止調べてみました。

上腕三頭筋は肘を曲げ伸ばしする筋肉でボクサーは発達します。
ボクシングを始めて最初に感じる大きな上腕三頭筋だと思います。

上腕三頭筋は二手に別れる構造をしていて、一つは上腕へ一つは肩甲骨へ付着しています。
で、肩甲骨に付着する方は肩甲骨が前傾すると持ち上げられて張力がかかります。
SSC的に筋力が高まります。

肩甲骨を強くロックした時の張力の感覚もこれで説明できる気がします。

長濱陸Tシャツ

お求めはこちらから

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました