手打ちver4

トレーニング技術

長濱式懸垂、ディプス、腕立て、腸腰筋レッグレイズ、反発ドリルなどを継続して約一ヶ月。
胸椎の後弯と肩甲骨の外転が崩れることがなくなったてきました。
手打ちver4からは本格的なフィジカルの強さが要求されます。

ビフォーアフターを作ったので比較してみてください。体のブレが小さくなっています。これは体のエネルギーが分散せずに腕に伝達されている証拠。

それから動きの始動の速さ。「殴る」と思った瞬間には殴れます。反動動作がかなり小さい。

さらに腕のスイングの力が床で打ち終わりと同時に反発するので、即座に距離を調整しディフェンスに繋げられます。
ビフォーと比較するとうち終りのもたつきが殆ど無いのが分かると思います。

Instagram
Instagram
YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
長濱陸Tシャツ

お求めはこちらから

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました