【手打ち打法】ボディーショットで突っ込むな、潜るな【引っ張り打法】

未分類

ボディーショットて前へ潜ってとか、突っ込んで打つように指導される場合が多いようですが、それだと実戦はおろかサンドバッグですらまともに打てません。

その場で留まって打つ意識をしてください。
潜る動作を意識するとそれがテレフォンになって当たらなくなりますし、相手が上手ければカウンターされます。

「楽に立ってその場で拳を投げつける」

前に体重移動していますが、これは意識的に行っているのではなく自動システムにより距離が自動制御されています。
スパイクで拳が衝突する位置に体が引き寄せらています。
転倒を防ぐように本能が芸術的な微調整を行ってくれているので、意識は介在させる必要がありません。
力を溜める動作、距離の調整は全て自動システムがやってくれます。意識する必要はありません。
もし自動システムによる制御を疑うのなら、そこがあなたの限界です。

徐々にパンチの投げ方を教えるのが上手くなってきました。

チューは突っ込まずにその場で拳を投げているのが分かりやすいですよね。

僕の目標は全員がチューと同じパンチが打てること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました