プライベート

プライベート

パフォーマンスを大きく左右する「運動のイメージ」と指導者としてのデビュー戦について

金城寛季と一緒に戦いました。指導者としてのデビュー戦。 判定負けでした。 言い訳をさせてください。 一緒にやったのは1ヶ月。一緒に走ったのは3回。 もう2ヶ月一緒にやれば金城は勝てた。 僕の体感としては継続的...
よもやま話

沖縄のボクシングとボクシングの大きな渦について

光喜さんと一緒に沖縄のボクシングについて話しました。 もう一つ、日本ボクシング全体に関する大きな渦についてもお話ししています。
よもやま話

子供に伝わるのは気持ち!

平仲ジムで子供達に教えていると色々な発見があって知的好奇心が刺激されます。 子供達に教えていて学んだことの一つがタイトルの通り。 子供達は僕の言葉を理解するのではなく表情や行動を見て感じ取ります。 言葉で彼らに伝えること...
スポンサーリンク
よもやま話

人間が本来持っているはずのポテンシャル

平仲キッズに立ち幅跳びをさせてみました。 中一男子 263cm 小五男子 220cm この投稿をInstagramで見る HIRANAKA BOXING SCHOOL(@hiran...
よもやま話

選手が前向きに。追うな、追いかけてくる

平仲ジムのコーチに就任して1ヶ月。初めはジムの選手が自分勝手に練習している様子に色々な感情を覚えました。 コーチと選手、会長と選手の信頼関係の希薄さがその一つです。誰一人コーチを信頼していないし、会長の言葉に敬意を払いません。 ...
トレーニング

なんだそれは。ボクシングか?ラジオ体操か? 目標はゲートボール大会か?

先週、選手たちと走り込みを行いました。スタートのペースがあまりにも遅いので、僕がペースメイカーをすることに。 歯を食いしばって、ゲロを吐いてでもついて来るようにと選手全員に伝えていたのですが、結果は散々でした。あまりに酷い内容に僕は...
トレーニング

「決意しろ」 野木丈司の教え

僕が野木さんから教えてもらって、今選手たちに伝えている考え方があります。 今回は勝負と練習における心構えについてお話させていただきます。 決意しろ 野木トレは過酷です。だから選手達は無意識の内に楽をするための戦略を考えて...
よもやま話

死を覚悟して走れるか

平仲ジムでは毎週一回合同でラントレを開始しました。野木さん直伝のラントレに僕なりの味付けを加えています。 僕はラントレはフィジカルだけでなくメンタルのトレーニングであるとも考えています。 平仲ジムのプロで最も根性があるのは金城...
よもやま話

環境を変えることで始まる好循環

僕の母が嬉しそうに話していた興味深い事実についてです。 また最近、自分の進路、現状について悩んでいる選手達から色々と話を聞きました。 今回は僕の経験から得た環境に関する認識の共有です。現状に悩んでいる方の参考になればと思います...
プライベート

世にも奇妙なボクシング人生の第二章  Connecting the dots

ご報告があります。 縁があって平仲ボクシングスクールのコーチとして働くことになりました。ボクシングを続けるつもりはなかったのですが、とても不思議な偶然が続き、引き寄せられるようボクシングへ戻ってきました。 これが僕の運命なのだ...
ニュース

日本ボクシングの激流

動き始めた日本ボクシング。全てのコンディションが整えば、これは間違いなく激流になります。 この流れに乗る、そのために今、行動を起こす。 流れに乗れ!!! 村田選手が年末にGGGと試合をすることが大筋合意されたみたいです。...
プライベート

沖縄の気候と「ウチナータイム」と「なんくるないさー」

なんくるないさーは調べると正しくは「正しい行いであればいつか報われる時がくるさ」という意味みたいです。google翻訳では"I'm not lost"なので「私は失っていない」って意味です。ぶっきらぼうですが、まあ雰囲気は間違っていません...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました