トレーニング

感覚と発想を飛躍させた長濱理論だ

よもやま話

おい大人、子供から才能を奪うな

顎を引け?膝を柔らかく?踵を上げろ?全部間違ってんぞ。マジで要らんことすんな。 子供は天才 子供は天才です。Kスタンスを当たり前のように作ります。大人はあれこれ教えて何とか「Kっぽいかな?」程度です。 バカな...
トレーニング

下半身トレ?体幹トレ? 走れ

下半身ってどうやって鍛えますか?体幹てどうやって鍛えますか?って。「下半身」てどこからどこまで?とか「体幹」ってどこ?どうして鍛えるの?って聞くと答えられない。体幹トレがいいとか、下半身トレがいいとか言われているから鍛えたいんだと思います...
トレーニング

何に集中すべきだったか分かってきた

Twitterにある通り。僕が何に集中すべきだったのか分かってきました。 分かってきた男のシャドーボクシングとバッグ打ち 自動システムを使う あれもこれも 僕は意識的な動作により競技力を強化...
スポンサーリンク
トレーニング

「意識→無意識」ではなく「無意識→意識」が運動学習の因果関係なのかも

最近強く感じることです。学習というのは無意識から意識に上がってくるものなんじゃないのか?ってこと。 僕は動作を教えれば教える程、動きをギクシャクさせて下手にさせてしまう現象に2か月ほど頭を悩ませてきました。原因を究明しようと選手、練...
トレーニング

納得して選択する 他人に従うことは緩やかな自殺

納得せずに実践したところで上手くならなりません。「やらされるの」と「進んでやる」では学習の効率が段違いです。勉強とゲームを思い出してください。 ゲームだったら複雑なコマンド、マップ、設定などなど覚えようとしなくても覚えられますよね。...
トレーニング

殴り合いという名のコミュニケーションで勝つために

今日はメンタルの話。平仲の選手と最近よくする話です。 人間が何をしているのかといえば「自分の居場所を賭けた陣取り合戦、縄張り争い」だと僕は考えています。SNSでの発信活動、会社、家庭、学校、友達同士での日常会話、そして殴り合い。全て...
トレーニング

ケツに乗って、奥でさばく

今回はタイトルにした「ケツに乗りながら奥で捌く」という重要なディフェンスを解説します。ハムケツに乗る(ハムケツで体重をを受ける)感覚を持っていないと真似ても似て非なるものになります。 ケツに乗れなければバランスが悪く危険なだけ、指導...
よもやま話

腰を回す意識は必要かについて実験してみた件

腰を回転させる意識について僕の考えを述べ、その推論から導き出したトレーニングについて述べていきます。あくまでも長濱説です。 この投稿をInstagramで見る 陸長濱(@r.npugilist...
よもやま話

何事も始めが肝心

以下の動画の二人、最初の岩下は体当たりパンチでしたがボクシングの期間が短く癖が強く脳に焼き付けられていないからか、すぐに修正できました。二番目の磯野は元々鞭のような打法でしたが、当たる瞬間にほんの一瞬だけ拳をサンドバッグに押し込ませました...
トレーニング

平仲ジム選手 3週間の変化

ボクシングを始めたばかりの選手、練習生を対象に3週間前と後で比較してみます。 まずは岩下広孝。彼も僕が最近取り上げている体当たり打法のイメージを持っていた選手です。 鞭のイメージを作って反復。最近はストレスの高まるスパーリング...
よもやま話

相手の世界観に合わせて伝える

詳しくはインスタに記載しています。重複になるので興味のある方は以下の動画をの説明欄をみてください。 選手の世界観に合わせる 選手の世界観に合わせる。ボクシングを指導しながらその重要性を感じました。 これはボクシングに限ら...
トレーニング

ウェイトプレートを使った股関節トレ

YouTubeでも紹介していますが、最近は子育てで編集作業の時間が取れないので、インスタを主として利用して情報の発信をしています。興味がある方はインスタのフォローお願いします。 この投稿をInstagramで見る ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました