今やりたいことは今やる

よもやま話プライベート

「今やりたいことは今やる」を去年以上に徹底しようと思います。
去年もそうあろうとしていたし、死ぬまでそうありたいという意思でもありますので、改めて発表することでもないのですが。より決意を固める為に。

スポンサーリンク

勇敢であり続ける

実現するかどうか、報酬の有無は常に度外視して、”その瞬間に”やりたいと感じたことは全てやります。
少なくとも心の中に生じた衝動、欲求を満たす為に要求される行動は思いつく限りで。

やりたいことはやる

将来の目標達成と関係あるかどうかは現時点では判断できませんから、心が「今やりたい」と言えばそれに従います。「今はやりたくない」と言えばやらない。
仮にさっき始めたことでも「つまらない」「辛い」と心に言われたら、他人に迷惑を掛けない範囲で即やめます。

会いたい人には会う

僕は他人に会ってみたいと感じることはほとんどありませんが、こう決意することで衝動に正直でいられます。
誰かに関心が湧いた瞬間から、その人に会うための努力をします。
時間とか金とか考えずに。

振り返ってみると、ボクシングも含めて何もかもを度外視した衝動的な行動だけが僕の糧となってきました。逆に衝動を押し殺す打算的な行動は常に裏目に出て、より僕を苦しめています。

SNSで陸上の譜久里さんを知って、その場でメッセージを飛ばしてその後すぐに練習に参加させてもらいましたが、その時に教えてもらったドリルや陸上の練習の価値観は未だに僕のボクシングの中心的なものとして残っています。ボクシングとは無関係だと切り捨てていたら、起こらなかったことです。

思ったことは伝える

その瞬間思ったことは僕の責任の範囲内で伝えようと思います。

10秒後にそれが変わっていてしまってもいい。
その瞬間にそうだと感じて、伝えたいと感じたのなら、そしてそれが前向きなことなら、その場で伝えようと思います。

他人に対して思うことがあっても「責任取れないなあ」となって結局は言えなかったりしたことが去年は多かった気がします。

というか僕のこれまでの半生での後悔の大半はこれです。「ああ、あの時正直に言えていれば」と。
言えなかったから後悔してしまいます。伝えてしまえば「少なくとも努力はした」と結果には納得できます。

自分の行動で自分だけが損害を被って終わるのなら気が楽でいくらでもやれますが、自分の感情に多少でも他人を巻き込んでしまうって考えると、大きな抵抗が生まれて躊躇していました。試しにこの観念を捨ててみます。
これが僕にとっての成功を導くかは置いといて、今年はそれがどう転ぶのか見てみようと思います。

長濱陸Tシャツ

お求めはこちらから

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
長濱陸 雑誌取材 / インタビュー記事

ボクシングマガジン 12月号

『相手のシステムを攻撃し、パニックを起こさせる』
相手を騙す。その究極は”緩急”

ボクシングビート7月号

「このデブすげぇ」
アンソニー・ジョシュア vs. アンディー・ルイス

ボクシングマガジン 5月号

A side B side/彼らのソウルはどこにある
長濱陸

ボクシングビート 5月号

スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました