埋没費用を取り戻したい感情≒決意

メンタル

ふとそう感じました。
決意の強さって埋没させた費用に比例するんじゃね?って。

スポンサーリンク

決意の強さと埋没費用

決意≒闘争本能

三日間徹夜した程度のと一ヶ月間準備したのとでは決意の強さが違いますよね。

僕は時間と金を使った程度が大きくなるに連れて決意が固くなっていくのを感じています。

「投下した費用を取り戻したい」って顕在化した認識ではありません。無意識下の欲求として現れています。投下した費用を取り戻せそうなことに勝手に関心が向けられるんです。
直感が利きます。

何か情報を受け取ると、そこから連想してボクシングに投下した費用を取り戻す為の結論を勝手に導こうとします。そうしようとする動機が無自覚に常に働いているのを感じるんです。

世間体より損失の補填

埋没費用が増えるごとに世俗的な価値観への執着も自動的に薄れていくというか。他人にどう思われるか?とかはどうでもよくなって、如何にして損失を補塡するかに関心が向けられています。その為にやれることは世間体を度外視してやってみようとする強い動機が働きます。

長岡の決意の固さ、異常な行動量は始りの段階で仕事と金と住まいを捨てているからこその、投下した費用の大きさが故だと解釈できます。
つまり行動の為にはまずは手放すこと。

計画を行動に移せない場合、埋没させた費用(金と時間と人間関係)が足りていないのもしれないってことです。

徹底的に練習したなら、きっと試合では投下した費用を取り戻そうと本能の嗅覚が鋭く働きます。

肝心な部分は、無自覚の嗅覚が働いて費用の回収に貪欲になれるってこと。顕在化はしません。
僕はこの2年間で大阪、東京、沖縄の往復や滞在など、娘とボクシングの為に金と時間をかけました。娘との時間以外はほとんど遊ぶこともありません。

最近の強烈な「ここまできたら理想の実現の為に何でもやってやるわ」って動機は埋没した費用が臨界点を超えて、僕の心を作り変えたからかもしれないと感じるんです。30代の方が20代より闘争本能がメラメラと燃えています。

やる気が出ないのは埋没費用が足りないだけ。ライザップと同じ。大金と膨大な時間をかけるから決意ができる。

長濱陸Tシャツ

お求めはこちらから

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
瞑想のやり方

Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました