那須川天心 vs. 亀田興毅 現時点で思うこと

選手分析

以下のリンクの動画を見て率直に感じたことを述べていきます。

Twitterのフィードで毎日のように那須川関連の話題を見ます。
驚くべき話題性ですね。若干エンタメ寄りですが…

スポンサーリンク

ボクシングどれくらい?

率直に感じたのは「スピードがあってカウンター上手いなあ、でもストッピングパワーが弱点かなあ」ですね。
嫌いでも好きでもないので、率直に感じたことです。

そして、それはあくまでも国内レベルで。
世界的に見れば平凡に感じました。このスパーリングだけしか見ていませんし、これからキックボクシングから順応してくはずなので、印象は変わっていくとは思います。
しかし、現時点でSB級と仮定してアフマダリエフ、フルトンとの勝負論はありません。
フルトンには触らせてもらえないイメージが湧いてきますし、アフマダリエフにはノックアウトされるでしょう。

時々比較されるモンスターはアフマダリエフ、フルトンのさらに上。
両選手と勝負してもモンスターのストップ勝ちがイメージできます。モンスターとの比較は本当にクレイジーです。勝負論なんてのはもってのほか。

僕がボクシング好きだから云々ではなく、率直に感じたことを話しています。
自分のいる業界なのでまず結果を出して盛り上げてもらわないと困りますから、本音です。
それに那須川選手のことはほとんど知りませんでしたので、感情を排して見ています。
それを踏まえてご理解いただきたい。

上のスパーリングの選手が下の世界チャンピオン達へ挑戦する、と聞くと「え?大丈夫?」が最初の声になると思います。

まずは日本、東洋レベルへの”挑戦権”が先でしょうね。
そこまでで躓く可能性は大いにあると思いますし、中嶋選手タイプの手数の少ない長身パンチャーは那須川選手は苦手だと思いました。

最近の勢いのある栗原選手が相手となると「決定力の差がでる」が本音です。
那須川選手のボクシングは6回戦は間違いなく超えていますし、8回戦も超えているでしょう。
ランカーでも相性が悪くなければ勝てます。
でもチャンピオンは話が別です。様々なタイプのランカーを連続して8回戦で撃破できるかは保障できません。経験豊富な選手なのでボクシングに完全に順応したらチャンピオンになれるとは思います。
しかし今すぐ世界チャンピオンは現実味がありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました