スペンス vs. クロフォード ウェルター級四団体統一戦

未分類

スペンスがウガスのベルトを吸収し3団体統一。
遂に前人未到のウェルター級統一が目前と迫りました。

スポンサーリンク

No gimmicks. Just greatness 

簡単な解説

スペンス強くて上手かった。
中へ入って細かく隠れながら動くスペンスにウガスは何もできませんでした。

僕が隠れるって表現している技術が巧みでした。
ボクシングの射程って選手によっては違いますが、大体は似通っているのでスペンスのようにボクシングを熟知している選手なら、隠れてパンチを外します。

相手に隠れられるとパンチを打てないので立ち止まって見てしまいます。
ウガスはそうでした。スペンスはその隙にコツコツパンチ。
少しづつ消耗させて最後はレフェリーストップ。

スペンスのフィジカルであの距離で動き回れると緊張して手が出せなくなりますね。
足を使って距離をとればある程度対処できそうな感じはしましたが、ウガスのスタイル的にそれでは勝ち目がないので、足を止めて戦ったのかな?と思っています。

対クロフォード

クロフォードはまずあの距離にさせてくれないので、距離を潰すまでの主導権争いが間違いなくあると思いますし、そこが鬼門だとは思うんですが、もしもスペンスが昨日のウガスの距離に居座れたら、クロフォードも解体されるんじゃないかと思います。
体格差もありますし。

でも刹那的な攻防はクロフォードに分があるからなあ。

サウスポー対決(クロフォードはサウスポー)なのでジャブがお互いに機能しやすい。
クロフォードもスペンスもジャブ上手いので、これも見どころです。

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました