大量絶滅のフラクタル

よもやま話
よもやま話

自然現象って不思議な周期があるなって感じるんですよね。
決まった周期があるって。

スポンサーリンク

フラクタル構造

直観的にはミクロの周期がマクロの周期を決めているって発想になりますが、マクロの周期がミクロに作用しているんじゃないかって感じることがあります。
マクロの大きな周期を実現するためにミクロの辻褄を合わせるみたいな。

サイコロを投げた時の確率は試行回数を増やすと常にある値に収束していきます。
これは「大数の法則」って呼ばれます。
僕はこれはマクロの構造がミクロに作用しているように感じるんです。
ある決また構造に収まるようにミクロの辻褄を合わせているってことですね。
時空間に形があるようなイメージです。

で、これは僕だけの妄想ではなく、現実世界でも確認されていて、「フラクタル構造」って呼ばれるみたいですね。
マクロとミクロが同じ構造になるんですよね。

頭がボーっとしてくるフラクタル図形を見よう

小さな三角形が大きな三角形を作ってます。

これはフラクタル構造と呼ばれていて、自然界に確認されています。

フラクタル - Wikipedia

マンデルブロー集合

ミクロとマクロの構造が同じになっています。

地球時空間システムのフラクタル周期がマクロである人間に作用し始めているんじゃないかって妄想です。
今は絶滅の周期。

ワクチン接種の段階でこの時期は沢山の人が死ぬんじゃないかって思っていました。
そしたらロシアのウクライナ侵攻。

既に沢山死んでますが、究極は核兵器の使用あるんじゃないのって。

コメント

タイトルとURLをコピーしました