手打ち打法、股関節ディフェンスの権化 レジス・プログレイス

選手分析

一度紹介している選手ですが、Youtubeのコメントにあったプログレイスの紹介を。
基本的にYoutubeのコメントは僕の気が乗ったらやります。
乗らないとしょうもない動画になるので。

シーサケット、プログレイス、コスタヤ・チューは手打ちの権化です。

スポンサーリンク

軽く投げて、強く押し込む

見るのが早い。
ゆったりと構えてゆったりとしたリズムで「軽く投げて、強く押し込む」を具現化したようなスイングをしていますよね。
僕の好きなスタイル。シンプルにかっこいいです。

投擲パンチ

プログレイスのパンチは完全な投擲です。
本当に拳をぶん投げている。

拳を投げるように打つ技術が発達した選手は視覚的な腕の腕の重さが半端じゃないですね。
プログレイスが投げつけているのはまるで鉛です。
脱力して腕、グラブの質量を投げつけてます。

で、押し込み方エグイです。
左のボディーなんて初めの一歩ぐらいめり込んでますからね。

展開の速いボクシングでもゆったりしてますので、かなり肝は据わっているような印象を受けます。
GGGもそうですけど、嫌ですねーこんなにどっしりゆったり構えられたら。
GGG同様に画面越しに見るスピードはそんなに速くないと思います。だけど、向かい合ったらリラックスしたモーションレスのパンチなので反応できないはずです。
ガーンッって衝撃が走って気がついたら倒れているみたいな。

首振り股関節ディフェンス

プログレイスは首を振って股関節を動かしていますね。
常に顔面の重心を隠しながら動いているので、相手は打ちにくいと思います。
首振りディフェンスする人とボクシングしたことないと分からないかもしれませんが、首を振って顔を隠すと、顔面が見えないのでパンチを当てるってモチベーションが働きにくくなるんですよね(顔面を狙うから)。

首を先行させて股関節が動かしている仮説を立ててます。
僕も首を先行させて動いてますけど、姿勢反射が起きやすいからなのか、身体が自動制御されて胴体とか股関節を意識するより股関節に乗りやすいです。

股関節が上手い選手は基本的にそうですが、首を振って顔を隠すリズムが気持ちいですね。

何故人気がない

ハリケーンで家を失って再出発した過去がある苦労人ですが、マネージャーかプロモーターの力不足でWBSS以来あまり見る機会がありません。
こんなにエキサイティングで芸術的なスタイルなんで人気が出ないのはパフォーマンスが原因じゃないんですよね。多分、プロモーター、マネージャーに資本とか政治力がないんですよ。

テオフィモ・ロペスが減量苦らしいんですスーパーライト級でやってほしい。

二度の致命的なハリケーンを乗り越えたスーパースター

プログレイスは2005年の幼少期と2017年にハリケーンによって何もかも吹き飛ばされた過去があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました