ワイルダー骨盤前傾しすぎ

選手分析

ケツでかすぎ。
肩甲骨辺りの盛り上がり方といいすさまじい骨格してます。
以前より体の厚み増したように見えます。

このサイズでワイルダー並みに動くためにはこれくらいの骨格が必要ってことだと思いますが、日本には多分いないだろうな。

ジョシュアの前傾もえげつない。

背骨折れてんじゃね?って曲がり方。
肩甲骨も外にスライド、大きく盛り上がって肩が内向きに。

こんな骨格のアジア人っているのか。

こんな殺人パンチを受けられる人トレーナーも数が限られますよね。
190cm、110kgくらいですかね。
全人口でどれほどいるかってサイズなのに、これに加えてヘビー級元世界チャンピオンでブロンズメダリストにボクシングも教えられなきゃならない。
世界中にどれだけいるんだろう。

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました