パッキャオってヤベーよ

選手分析
選手分析

僕がボクシングにはまり始めていた頃だったかなあ。
記憶は定かではないので断言できませんが、パッキャオのシャドーを見た時の衝撃を覚えています。
マイク・タイソンの衝撃を超えました。
どう見たって早送りです。

ニコ動で初めて見たんです「ぺぺぺぺぺい」って。

あ、パッキャオとスペンスの試合が決まったんですよ。

うわーW級王者いっぱいおるわ。
パッキャオは休養王者となっているので、この場合はどうなるの?
3団体統一?

休養
仕事などを一時やめ、からだを休めること。休んで体力を養うこと。

暫定
決定を見合わせて、その間、仮に一時的な取決めをすること。

WBAは一度「休養」の意味を辞書で調べなければなりませんね。

スポンサーリンク

打倒スペンス

パッキャオって富も名誉も手に入れた国会議員のおじさんですよ?
何をどうしたらボクシング最激戦区W級の2団体王者に挑むんなんてことになるんですかね?

国会議員だけでも激務だろうに、超人の発想は分かりません。
人知を超えています。

思い出せばパッキャオはキース・サーマンに勝っているんですよ。
キース・サーマンを見た時は「おーすげー、ロイジョーンズみたいだ」と思いながら見ていました。
時期的には僕の新人王の時くらいですかね。

そのサーマンを完璧ににアウトボクシングして見せました。

ところでサーマンは来日していたことがあって、金子ジムで練習していると聞いたのでスパーリングさせてくれって僕はお願いしたことがあります。
残念ながらタイミングが合わずにその機会を逃してしまいましたが。
あの時スパーリングできていたらきっと人生変わっていたんだろうなーなんていう残念な思い出です。

それはさておきスペンスって怪獣みたいなボクサーですよ。
まじで強いです。
W級2団体王者だけあってなんか目つきもサイコっぽいし。

スペンスの特徴

クイックネス

元オリンピック選手のトップアマなので技術は当然ありますが、やっぱり特筆すべきはフィジカルの強さですよね。鬼です。
スピード、パワー、スタミナ。
フィジカル面ならどこをとってもW級トップレベル。
誰が相手でも劣ることはありません。

唯一クイックネスに関しては他のW級のトップ選手のポーターやパッキャオ、クロフォードに一段劣るかなあという印象がありますね。

スペンスはF級から上げてきたパッキャオが正面衝突したら絶対に勝てない相手です。
それは誰がどう見ても明らかですし、パッキャオのスタイル的にも絶対に正面衝突を避けると思います。
その能力も間違いなくあります。

ディフェンス

スペンスもう一つの特徴はディフェンスですね。
パンチに対する反応が他のクロフォードやパッキャオに比べると大袈裟かなあと感じます。
顔を大きく背けたり、下を見ることもあります。
圧倒的なフィジカル面の能力である程度のことは解決できてしまうので、クイックに動いて打ち合うとか素早くパンチの受け返しをしたりってことをやる必要性に迫られる機会がほとんどなく、技術があまり磨かれなかったのかなーと思います。
他のトップ選手と比較して苦手だと感じますね。

クイックに動くのはパッキャオの土俵であり、最も優れた武器だと思います。
なので今のパッキャオが勝つならパンチを散らしてスペンスの大袈裟なディフェンスを引き出しながら前後左右へ動いてポイントを奪う展開かなあと思っています。

僕はパッキャオ応援です。
経験と技術で怪獣スペンスを上回って欲しいです。
というかそうじゃないとボクシングがつまらん。

今は風貌もなんだかおじいちゃん感が出てきているのでね。
少し心配というか。一方的にやられるのは胸が痛むというか。

とりあえずみなさん、パッキャオ応援ですよね?

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました