ボディーブローは徐々に効く…???

戦略

ボクシングしたことある方は納得してくれると思います。
ボディーブローは徐々に倒してくれる優しいパンチではありません。一発で効きます。
でもなぜか「ボディーブローのように…」って徐々に効いてくるって慣用句的に使われていますよね。

スポンサーリンク

後半への伏線

むしろ顔面の方が徐々に効いてくる気がするんです。
この表現ってもしかして、序盤のボディーブローは相手の意識を下へ集中させて、後半顔面のパンチへつなげるって意味が誤解されたのかな?と思います。
後半への伏線としてのボディーブローが、時間とともに少しづつ変化した結果、「ボディーブローは徐々に効く」との誤解が広がってしまった。

ドネアvs井上もそうでした。ドネアは一発で効かされました。
むしろボディーブローを多用していたのはドネアですからね。
ボディーブローが徐々に効いてくるのは迷信の類です。
以下の試合もワンパンです。

本質は「ボディーブローを打てば相手の意識が下へ向かい、後半に顔面パンチが当たる確率が上がる」です。
内と外、上と下にパンチが大別されるボクシングの戦略上、ボディーブローは大きな役割を果たします。

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました