立ち方がかっこいい選手

技術

立ち方の参考になる選手を紹介します。

スポンサーリンク

Kスタンス

一流の選手は微妙に違うだけで理念みたいなものは同じなので、PFPにランキングされる選手は基本的には真似してみるのはいいと思います。

ビボルとエストラーダは少しバランス悪いかなとはかんじますが。

以下はランキングではありませんので悪しからず。

カネロ

元々の才能を殺さずに戦略的な一貫性が保てていると思います。
バランスが良くて無理がなく自然体です。

サウスポーのクロフォード

オーソドックスよりはサウスポーの方がクロフォードはかっこいです。
サウスポーのクロフォードは懐が深く、これを生かしてステップバック&カウンター→ステップバック&カウンターと戦い方が一貫しています。

カネロと同様にシンプルな戦い方に特化し最適化されたスタンスだと思います。
自然体で無駄がありません。

デービス

デービスの立ち方はかっこいい。
ケツに乗った姿勢を保ち続ける感性を持っているので、客観的には上から体が押し付けられているかのような錯覚が起こります。

ふわふわと体が浮くことがありません。
移動はズバッズバッって感じで反重力かって程、始動が滑らかで制止にはキレがあります。
フルスイングしても腕に体が振り回されることがなく、キレッキレです。

チャーロツインズ

僕はチャーロ弟の方が立ち方は好きですね。
ズバッっとカウンターで一撃必殺、居合切りのような切れ味があります。

チャーロ兄はズバッ感が弟程ではなく、むしろ連続してカウンターを奪うことを好む感じですね。
一長一短で弟の場合は一発で仕留めきれなければ仕切り直しに比較的時間がかかります。
兄は仕切り直しが短い分、瞬発力に劣り相手へ与えるプレッシャーが小さい感じですかね。

スペンス

デービス並みに上から押さえつけられているように見える選手です。
デービスほどのズバズバ感はありませんけど、スイング時の安定感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました