ロマゴンのディフェンスに刮目せよ

技術

この試合もロマゴンが顔を隠しているのが分かりやすいと思います。
避けるってよりは隠れるが正しいですね。

相手がパンチする前にレンジの外に隠れてしまう。
隠れることで相手の攻撃の動機を削ぎ、攻撃そのものを予防する効果も発揮されているのが分かりやすいですね。

避けるというよりは隠れて事前に対処しているのでゆったりしているんですが、パンチは外れていきます。

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました