You Tubeの伸ばし方 「有名人への便乗」or「有名人を叩く」

よもやま話

現状、youtubeチャンネル成長の答えは有名人への「便乗」です。
僕も最初の頃は有名人の便乗ネタやっていました。
でも今は程々に抑えています。
信念のない金の亡者だと思われるのが嫌だからです。

またyoutuberへの便乗ネタって自分のファンを集めているわけではないので、長期的には失敗すると感じたのも理由です。
便乗ネタを上げ続けないと、毎日投稿し続けないと登録者はどんどん離れていきます。
似たようなyoutuberがたくさんいてその手の動画はいくらでもあるので、そっちの話を聞きに行っっちゃうからだと思います。

最近はエンタメ系のyoutubeを見る機会が増えたので感じることなんですが、有名人への便乗以上に有名人を叩くことがyoutubeの成長の答えです。

それを知ったyoutubersに袋叩きにされているyoutuberがいて、その内、テラスハウスの自殺みたいなことが起こりそうだと感じました。

あ、以下はボクシングの話ではありませんので悪しからず。

スポンサーリンク

叩けば伸びるから仕方ない

てんちむの詐欺とかに関しては多少は懲らしめる必要があるとは思いますが、マコなり社長とかマナブの商材叩きとか他にも名前は忘れちゃったんですけど、こんなに叩くことか?と思ってしまいます。

詐欺に関してはある程度の注意喚起は必要だと思いますが、マコナリ社長の情報商材については犯罪ではないし、叩いてるyoutuberってそもそもそのサービス受けてないじゃんと思っちゃいますね。

言っていることは分かりますよ。
誇大広告は「不当景品類及び不当表示防止法」で禁止されています。
資格とった時に覚えました。

だけどもしかすると本当に優れたサービスかもしれないじゃない。

ビジネスパーソンを育てるカリキュラムの最高峰はハーバード大学のMBAですけど、これを叩く人っていないし、ハーバード大学のMBAを取得した人が結果出せなったからといってハーバード大学経営学部に価値がないと結論しないじゃないですか。
経済予測ができない経済学の教授の書いた書籍(情報商材)は山ほどあるし相場の本も腐るほどあるわけで、それを情報商材と認定する人っていないと思うんですよね。

あ、キングコングの西野さんの例もありました。
確かに阿漕なことやってんなーとは思いましたよ。
本当に「西野を休ませる権」を買う人がいるかは甚だ疑問なんでね。
そこは買っている人がいると見せかけているんじゃないかとは思ったんで、先ほどの「不当景品類及び不当表示防止法」には違反しているんじゃないかとは思いましたけどね。
でも需要があるから供給があるんです。

信者商法を叩いてかわいそうな情弱を救ってやろうって正義感も理解できます。
でも、信者商法なんて世界最高峰の企業アップルやスタバがやっているわけですからね。
もっと言えばキリスト教や仏教がやっているわけですよ。
本来そんなに高くないもの売りつけてないですかね?
これらの企業を懲らしめますか?

同じ理屈で、そして本当の正義感で叩くならキリスト教とかアップルスタバを叩くべきなんですよ。
誰一人賛同しませんけどね。

そもそも信者がお布施して救われたと感じられたならそれでいいと思うんですよ。

叩いてるyoutuberは頭がいいので、おかしなことをしているっていうか、必要以上にリスクを冒していることの自覚はあると思います。

マコナリ社長が結果出したりマナブさんの情報商材購入者が結果だしたりすると逆襲されてボッコボコの再起不能にされますし、啓蒙を超えて悪意の域にまで達した他人への批判を見ていい気のする人はいません。

一番やばいのが、他人の批判とか悪口を見て喜ぶ人達を集めていることだと思います。
そんな人達はすぐに手のひらを返すので、彼らが失敗したり間違えたときに一瞬で離れていくと思います。

でもそんなことは彼らは百も承知なんです。

なんでやるかって言うと、有名人叩くと伸びるんですよ。

youtubeってタイトルとかコメントの文字列などを関連付けているんです。
関連性が高いと判断されるとyoutubeのおすすめに表示されます。
運よくyoutubeAIくじに当選すれば大儲けできるんです。

ボクシングだと「井上尚弥」がyoutube伸ばすコツです。
たったこれだけで数万回数十万回は再生されます。

有名人へ叩きがyoutubeチャンネル成長の”最短”ルート

しかも逆張りすると伸びます。

パレートの法則

統計学の分布でパレート分布ってのがあります。
8:2の法則とかも言われますね。
蟻は2割が一生懸命働いて、残りの8割は何せずさぼっています。
人間もそうです。
2割が一生懸命働いて8割はさぼる。
店頭に並ぶ商品の2割が全体の8割の売り上げて、残りは2割しか売り上げていない。

逆正弦法則とか正規分布みたいな目に見えない統計の幾何学です。
確率はある形そって動いているんです。

パレートの法則に従うなら人気者にはアンチがいます。
100万人いれば20万人。
結構でかい。
仮に100万人の人気者を叩けばこの20万人が仲間になるんですよ。
20万人のアンチは人気者を叩くyoutuberに共感し溜飲を下げて気持ち良くなります。

過激であればあるほどウケる

過激であればあるほど注目を集めやすいです。
嫌いな人は手加減なく叩く方が気持ちがいい。
だから過激に叩く。
叩けば叩くほど稼げる。

しかしながら画面の奥にいるyoutuberも人間です。
コメントで直接悪意に触れます。
僕も時々悪口言われて傷ついています。

もちろん叩かれて然るべき人もたくさんいますけどね、でも無責任に叩いたらダメです。

井上尚弥選手を叩けば伸びますよ。
アンチは絶賛されるモンスターを見て憎悪をふつふつとたぎらせています。

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました