YouTuberの競争に巻き込まれたくない

よもやま話

引退してyoutubeを見る時間が増えました。
今は休めと色々な人に言われてしまっているので6年ぶりにだらだらできる時間を楽しんでいます。

僕は自分のチャンネルを運営していますが、基本的に情報の発信だけがメインでほとんどyoutubeの動画を見ることはありませんでした。
なので、6年前でほとんどの情報が止まっています。
6年前の感覚のままyoutubeを見ていると色々な変化に気がつきました。

スポンサーリンク

恐ろしい叩き合い

その一つが競争の激化です。

youtuber業界も物凄い量の参入があるようで、芸能関係者(芸人、アイドル)が続々チャンネルを始めています。
様々な分野からの参入でyoutuber業界の競争が激化しているのが窺えます。

ボクシング関係者もたくさん始めていますからね。
そんな中、少し面白い傾向というかyoutubeの競争が第二段階に突入しているように言える現象が起きていました。

youtube業界はいろいろなジャンルに細分化され始めているようで、例えば「ビジネス」「エンタメ」「教養」「外国語学習」なんかです。
最近はどのジャンルでも叩き合い、炎上が起こっています。

マコなり社長というビジネスyoutuberが商売のやり方で叩かれていますし、エンタメだとワタナベマホトが児童ポルノ?関係で叩かれています。
あまり深追いしていないのでなぜ炎上しているのか詳しくは分かりません。

ただ僕が思ったのは競争が激しくなりつつあり、youtuber間の視聴者の奪い合いが始まっているんだ、ということです。
僕が知っている頃はコラボ動画でその市場を広げ、youtuberとしての地位を固めていく段階だったと思いますが、今は市場を戦って奪い合っている段階に入っていると思います。
これって競争の本質ですよね。
協力関係から競合へ。
古代の海で争っていた頃から競争の本質は全く本質は変わらないんだなーと感じています。

ボクシングファンならご存知だと思いますが、ボクシングの解説ジャンルもたくさんのyoutuberが出始めていますよね。
僕も解説動画を作っていますので、いつ自分の居場所がなくなるかと恐怖と不安を感じながら見守っています。

Come On ハリウッドスター

芸能人とかが参入し始めていますが、その内ハリウッドスターが登場するようになるなーと思いました。
ハリウッドスター以外にもエンタメ関連の質の高いコンテンツをテレビ向けに作っていた会社や個人も参入してくると思います。
僕はテレビ番組だと(まだやっているかは不明)深夜の低予算番組「月曜から夜更かし」とか「家ついて行っていいですか?」とか好きだったんですけど、これらの番組を低予算で作っていた優秀な人達が参入してくるってことですからね。
もっともっと競争が激しくなるのは目に見えています。

youtubeAIの言語翻訳能力の向上も著しいのでその内、世界中の人と競争しなきゃいけません。
内容をパクるyoutuberも絶対出てきます。
著作権の保護ができるシステムの整備なんて簡単にはできないし、パクったもん勝ち。
クリエイターもやる気失って。
その時がyoutubeの終わりになるのかなー。

youtubeのAIの進歩凄いですからね。
ほんとに言語が翻訳されるようになると。
僕のチャンネルなんて簡単に叩き潰されてしまうんだと震えています。
数年後ですかね、、、

低予算、ニッチで頑張ります

僕は性格的にも派手なことは好みませんので、ほそぼそとやっていこうと思います。
ニッチな分野のほうが競争が緩そうですしね。

このブログとyoutubeチャンネルもだんだん読者様が増えているのを喜びとして地道にコツコツと続けていきますのでよろしくお願いします。

最近は趣味で一から陸上競技やってみたいなーとか、ボクシングのトレーナーやってみたいなーとかプロボクサー以外のことに少しづつ興味が向き始めているので、その内容もこのブログでご報告できればと思います。

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

ストイック長濱をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ストイック長濱をフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました