ボクシングマガジン12月号に掲載!

プライベート

僕のボクシングにおけるこだわりについて取材していただきました。

『相手のシステムを攻撃し、パニックを起こさせる』
相手を騙す。その究極は”緩急”

言い回しなんかは僕の言葉通りで、例え方も全て話したそのままです。

2ページに渡って緩急に関する話をしています。
僕以外にも大吾 vs. 堤、井上 vs. マロニーなどなど目白押しです。

僕はプロデビューした頃一緒に練習していた木村吉光や比嘉大吾、小田翔夢のインタビューを羨ましいなーって思いながら見ていました。

でも、人間やればできますね。
コツコツ努力を続けて蓄積したノウハウでYouTubeができたり、こうやって少しづつ注目していただけるようになりました。

亀のごとく歩みで焦ることもありますが、着実に前へ進んでいる実感もあります。

来年の目標は全勝は当然として、まずは大吾を注目度で超えることです。

そのために強い相手と逃げずに戦います。

皆さま応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク
長濱陸 雑誌取材 / インタビュー記事

ボクシングマガジン 12月号

『相手のシステムを攻撃し、パニックを起こさせる』
相手を騙す。その究極は”緩急”

ボクシングビート7月号

「このデブすげぇ」
アンソニー・ジョシュア vs. アンディー・ルイス

ボクシングマガジン 5月号

A side B side/彼らのソウルはどこにある
長濱陸

ボクシングビート 5月号

Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人
ストイック長濱

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
WBC世界同級34位
WBO-AP同級3位
角海老宝石ジム所属

ストイック長濱をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ストイック長濱をフォローする
長濱陸のブログ

コメント

  1. KOKO より:

    昨今、ボクサー、格闘家が日本では自身のYOUTUBEチャンネルを開設するのが流行ってます。海外ではSNSだけなのが殆どのようですし、日本ならではの現象みたいですね。
    そんな中、長濱さんはこのようにブログもやっておられますし、世界的に見ても唯一無二のボクサーと言えるのではないでしょうか!

    国内最強を証明すれば、さらに一般メディアからも注目されるようになるのではないかと、期待してます。

    ミドル級で全日本新人王になった頃に、私は初めて長濱さんに注目しましたが、こんなボクサーロードを歩むとは思いませんでした。またこんな人だとは思いませんでした(笑)

    中量級は日本人選手の存在感が世界レベルではほんとに薄いので、基本的に皆応援してるんですが、長濱さんは特に興味深いボクサーです。

    • コメントありがとうございます。
      僕自身、ミドル級の新人王を獲れるとは思っておらず恐る恐るのプロ生活スタートでした。
      来年は小原選手や別府選手を倒して、まずは日本最強を証明しようと思います。

      第二章も自らの力で切り開いていきます。
      応援よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました