ボクサーって喧嘩強いの?

プライベート
プライベート

よく、特にお酒の席だとこんな質問があります。
当然気になるとは思います。

話のネタとして振ってくれているのも分かります。
これを聞いてみたい理由も分かります。
「普通の人と喧嘩したら勝てる?」とか「足蹴られたらどうする?」とか。

今でこそボクシングという競技を好きでそんなこと考えなくなった僕ですが、高校の時にボクシングを選んだ最初の動機は『強さへの憧れ』で単純に喧嘩が強くなりたかったからです。
僕ほど貪欲に強さを求めるのは病気ですが、男なら誰しもがそうだと思います。

そこでよくある疑問について答えていきます。

スポンサーリンク

喧嘩になったらどうする?

前提として喧嘩にはルールがありません。
僕はルールに守られているボクシングをしているからこそルールがないことの危険性も知っています。

喧嘩に勝敗はありません。まずこれが怖い。
守ってくれるレフリーはいません。
どちらかの気が済むまでです。

怪我せず、または怪我させず収めることが重要です。

逃げる

なのでまず逃げることを考えます。
鍛え上げた脚力と心肺機能があるので僕が走り出せば普通の人が僕に追いつくことはまず不可能です。
なので広い空間なら走って逃げるので喧嘩になりません。

そうすると次にこんな質問です。

逃げ場のない場所での喧嘩なら?

例えば僕が誰か(妻とか)と一緒にいる場合とか「どうする?」とかもあります。
多分一番気になる部分だと思います。
果たしてボクシングは喧嘩で使えるのか

ボクシングは使わない

結論を先に申し上げると喧嘩でボクシングは使いません。

グローブをつけていても怪我をしてしまうので裸拳で頭蓋骨を殴ると多分骨が折れます。
本気なら打てても2~3発が限度です。
もし喧嘩が避けられず打倒して逃げなければならない場面になったら喧嘩用の技を使います。

相手が大勢いたら石とか棒なんかをボクシングに組み込んで使うと思います。
僕の力で鈍器を振り回したりして、もし当たれば下手すれば人間は死にます。
なので足とか腕を殴って戦意喪失させると思います。

もしも「武器なしで!」としつこく聞かれたらこう答えてがっかりさせます。
「『頭突き』『目突き』『金的』『噛みつき』を狙う」。
格闘技で禁止されている攻撃です。
これが如何に危険かは僕は身をもってしています。

頭突き

頭突きは一発でこうなります。
頭は拳より重い上に頭蓋骨が分厚いからです。
これは偶然当たっただけです。
もし本気で鼻に頭突きをしたら間違いなく骨を砕けます。

金的

金的なら男性は知っていますが、女性の力でも簡単に悶絶させられますね。

目突き

ジャブも拳は固く握らず目を狙います。
下手すれば失明します。

噛みつき

時々「掴まれたら?」とかも聞かれます。
即答です。噛みつきます。
知っている人は知って居ますが、僕の歯ってやたらスキッ歯でギザギザの歯をしているんです。犬並みです。

僕が本気で噛みついたら肉をかみちぎれます。
女性の顎でも指くらいなら千切れますからね。

僕はもし本気の喧嘩になったら、上記を組み合わせて手を開いたままのジャブで目突き、相手が怯んだら耳とか鼻に噛みついて、戦意喪失するまで食らいつきます。
容赦してはいけないことはボクシングの常識です。
降参しなければ噛み千切る覚悟でやります。

まとめ

今回はよく聞かれる「喧嘩になったらどうする?」について話してみました。
多分がっかりされるかもしれませんがストリートファイトはルールがないので、イカれている奴が強いです。

乱暴な話でしたが、ルールがない喧嘩って怖いんですよ。

スポンサーリンク
長濱陸 雑誌取材 / インタビュー記事

ボクシングマガジン 12月号

『相手のシステムを攻撃し、パニックを起こさせる』
相手を騙す。その究極は”緩急”

ボクシングビート7月号

「このデブすげぇ」
アンソニー・ジョシュア vs. アンディー・ルイス

ボクシングマガジン 5月号

A side B side/彼らのソウルはどこにある
長濱陸

ボクシングビート 5月号

Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人
ストイック長濱

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
WBC世界同級34位
WBO-AP同級3位
角海老宝石ジム所属

ストイック長濱をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ストイック長濱をフォローする
長濱陸のブログ

コメント

  1. KOKO より:

    なんでか分からないけど、ボクサーにこういうこと聞くやつって、何故かボクシングじゃないのに、ボクサーがパンチで戦うことを前提にイメージしているんですよね

    なんでだよ(笑)もし喧嘩なら、何でも使うにきまってるじゃん……

タイトルとURLをコピーしました