ボクシング用品レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パンチンググローブ

サンドバッグなどを叩くようです。

adidas

adidas様に作っていただきました。
試合用でも使えるようです。
使ってみた感じだと大満足しています。
ナックルパートが暑くて柔らかいので怪我防止にピッタリです。

WINDY


とても安い。
元々は別のグローブを使っていましたが、僕は汗っかきですぐにグローブがダメになってしまいます。
後はWINDYは分厚くて拳がいたくありません。
僕は拳の古傷があるのも理由です。
今はこれを使っていますが、別のグローブへ変えようと思っています。
理由は手首の角度を意識したいからです。
WINDYは固いのでいい加減に殴っても痛めません。
怪我のリスクはありますが、これが壊れたら拳の角度をしっかり意識できるものに変えようと思っています。
後は重いですね。
僕はあえて重くして使ているという面もありました。
重いと腕のしなりを意識しやすいです。

ISAMI


結構良品です。
2年ほど使用していましたが、使用感はウイニングに近い。
拳に密着し、軽いグローブです。
僕は汗っかきで密着すると汗でべたついて気持ち悪くなります。
僕の場合、外側はある程度強度がありましが内側からグズグズに壊れてしまいました。
汗が気にならないならかなりおすすめできます。
軽めですね。

ウイニング


高価なので本格的にプロでやりたい方には本当におすすめです。
試合のグローブに近いですね。
ただ最近はISAMIのグローブも良くしようされます。
安心の品質で長く使うことができます。
僕の場合はやっぱり汗で内側からグズグズに…

スパーリング用グローブ

アディダス


このグローブはスパーリングで重宝します。
特にヘッドギアなしの時。
試合ではヘッドギアがありません。
当たれば一発で終わります。
ヘッドギアに守られたスパーリングとは全く違う緊張感あります。
それに慣れる必要があります。
このグローブは柔らかいので皮膚や打撲など起こしにくいという利点があります。
最近はアマチュアでもヘッドギアがありません。
ヘッドギアのない緊張感になれる必要があります。プロならなおさらです。


このグローブは上のものより硬いです。
何故このグローブかと言うと、色んな場所で練習するからです。
高価なウイニングのグローブはなくすとへこみます。
スパーリングではなく、軽いコンタクトに限定したマスボクシングなんかで使用しています。
二組以上必要な方におすすめです。

ウイニング


日本のスパーリングだとほぼこれだと思います。
丈夫な作りでかなり長持ちしますし
衝撃から拳も守ってくれます。
他にもスパーリング相手を守ってくれるという利点もありますね。
これ以外で普段スパーリングをすることはありません。
試合に近いヘッドギアありのスパーリングならこれを使ってほしいです。
自分の拳への配慮は当然のこと相手への配慮も忘れないでください。

ボディープロテクター

これに関してはウイニング以外は通常は使いません。
安いものは体を壊してしまいます。

ヘッドギア


フルフェイスも使ったことがありますが、
僕の場合は視界を確保したいという理由で今はこれをしようしています。
でもこれは脳へのダメージも大きいです。
僕はディフェンスメインで集中してやっているのでどうしても視界が確保したい…


フルフェイスなので鼻や目の怪我を防げます。
僕は鼻も目もスパーリング中に怪我しました。
でもやっぱり視界が確保したいという理由で上のタイプを使用しています。
身近な例で言うと世界王者の比嘉大吾は拘ってこれを使っています。


カッププロテクターも大切です。
フットワークを大事にしているので
股関節の可動域と軽さを重視しています。
品質は安心のウイニングです。
ローブローにも耐えられます。

バンデージ

試合用


これを使っていた時期もありましたが、これは巻くだけでかなり時間がかかります。
時間が余っている選手はいいですが、僕は『時は金なり』そう考えています。
これを巻く時間、片づける時間でほんの数ページでも読んだ方が効率的だと考えています。
でも試合に近い感覚でやりたいスパーリングの時はこっちを使用しています。
軽くて殴りやすいと思います。

伸縮性が高くて柔らかい。
これと下記のゲルガードを併用しています。
拳を守りつつ時間も節約できます。2度目ですが『時は金なり』です。
欠点は長く使ったり日光に当てて干すと固くなって伸縮しません。

これと上記のバンデージを組み合わせています。
拳に古傷があるとか、怪我しやすい方にはかなりおすすめします。
欠点はすぐに壊れます。
4か月から半年が限度ですね。
僕は上記のバンデージと2組づつ所有しています。

シューズ

アディダス


練習でも試合でもこれです。
デザインはシンプルで軽い。
フットワークを大切にして12ラウンド戦う僕には軽さも重要です。
重いシューズで失った体力でパンチ一発撃てるかも
365日続ければ365発のパンチを無駄にすることになります。
365発が多いか少ないかは個人の感想になりますが、僕には無視できない数字です。
試合でもそうですね。
軽い方がいい理由はただそれだけです。

同じ型の柄が違うものです。
デザインにこだわる方にはおすすめです。
僕もデザインでこれを使用していましたが、だんだんどうでも良くなったので上記のブラックを使用しています。
少し頑丈さが欲しいところ
半年から1年が限界。

ウイニング


初めて買ったシューズがこれでした。
丈夫で長持ちします。
素材の柔らかさ、丈夫さともに信頼できます。
上記のアディダスより長持ちですね。
デザインが少ないのが欠点でしょうか。

僕が使用したことがあるのはこれだけです。
ご参考までに!

タイトルとURLをコピーしました