あえて低負荷トレをやる意味

トレーニング
スポンサーリンク

低負荷トレの意義

低負荷前鋸筋トレ

下のトレはあえてバーベルだけ、自重だけの低負荷にしてます。

長濱式懸垂は負荷が強く肩甲骨の外転が保てないとその効果が失せてしまうから。

インナーマッスルを刺激するのに低負荷のチューブを使うのと同じ論理。

普段から肩甲骨を使えていない場合、肩甲骨の外転を保つ筋力が発達していないので、懸垂で肩甲骨の外転を保てません。
そうなると効かせたい前鋸筋と小胸筋などの肩甲骨の外転を保つ筋肉に効かせられず、代償として動員された他の筋肉が鍛えられてしまいます。
巷に溢れている肩甲骨を寄せた懸垂です。あれでは効果が薄い。

Instagram
Instagram

自分の弱さを認める

「自分は強い負荷でもできる選ばれし人間だ」。
そう思いたいのが人間です。しかし残念ながらその執着心が効率を引き下げます。

できるのならできる、できないならできないと認めてしまうことです。論理的に幸運が引き寄せられてきます。

長濱陸Tシャツ

お求めはこちらから

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました