文書書くだけで頭良くなるわ

よもやま話プライベート

ブログやSNSで情報発信しYouTubeの台本を書き続けて2年余り。
頭の中の情報を他人に理解できるように外へ出して表現することの重要性をひしひしと感じます。自分の価値を高めるというのも一つですが、他にも大きな意味があります。

それは脳トレです。

文章を書いている最中は猛烈な勢いで頭の中が整理されていくのを感じます。

文章を書いた後は疲れてはいるんですが、頭の中はすっきりします。

スポンサーリンク

文章を書く脳トレ

頭がスッキリするような感覚って頭に入れた情報が整理された感覚だと僕は解釈しているんですが、文章を書くようになるまでそんなことは稀でした。

でも今は頻繁に起こる。
毎日起こっているかもしれません。
空想中の閃めきの回数も明らかに増えました。

文章を書く(人に話して伝えるでもいい)、つまり情報を出力するってことは潜在意識の計算能力を引き出す方法なのではないかと思うようになりました。

文章を書いていると頭の中の情報が勝手に整理されて関連した事柄が頭にこれまた勝手に浮かんでくるような気がするんです。
パッと。

文章を書く機会が多い方なら僕の言っていることがわかるのじゃないかと思います。
文章を書きながら勝手に文章の構成が作られていって、筆(タイピング)が止まらなくなる。
このブログで最も長い文章は1ページに7000字を超えるのですが、一気に書き上げました。
構成とか考えてないんですよね。
「あのことについて書こう」と思って序文を書いている内に頭の中がぱあああっと整理されて、この順序でこんな結論にしよう。みたいなのが浮かんできます。
そして筆が止まらなくなるんです。
グワーと集中状態に入って、湧き上がってくる思考が止まるまで書き続けます。

最初は自分で考えているつもりだったんですが、意識して考えている感じって一切ないんですよね。
最後に読み返しておかしな文章を直して終わり。

娘には必ず文章を書く脳トレはさせようと思いました。
選手にもSNSで毎日発信させようかなって思うほど。

脳を鍛えたい方にはオススメです。
ある程度誰かに読まれるプレッシャーがあった方がいいので、その日あったことでもいいし、時事ネタに対する自分の考えでもいいのでSNSで発信するのがいいと思います。
誰かに伝わるように出力することが肝なので匿名でも問題ありません。

お問い合わせはこちら

パーソナルトレーニングやグループトレーニング、セミナーや取材、YouTubeコラボなどのご依頼はこちらからよろしくお願いします。

トレーニングの依頼などはこちらから

スポンサーリンク
脳の仕組み

超簡単です。

長濱陸 雑誌取材 / インタビュー記事

ボクシングマガジン 12月号

『相手のシステムを攻撃し、パニックを起こさせる』
相手を騙す。その究極は”緩急”

ボクシングビート7月号

「このデブすげぇ」
アンソニー・ジョシュア vs. アンディー・ルイス

ボクシングマガジン 5月号

A side B side/彼らのソウルはどこにある
長濱陸

ボクシングビート 5月号

Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
元WBC世界同級34位
元WBO-AP同級3位
元角海老宝石ジム所属

股関節おじさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
股関節おじさんをフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました