パンチは脱力によるSSCで勝手に戻る 引こうと意識しちゃだめ

トレーニング
トレーニング 技術

攻撃時の拳のトップスピードを上げるにはSSCによる動作がカギを握ります。
今回はディフェンスにおけるSSCの側面で、ディフェンスでも重要になる攻撃の後のパンチの引きについてです。

攻撃時の時に腕を引けば体幹と肩の強い「伸張反射」が起こせます。
さらに、肩の腱に腕の引きと体幹の回転の二つの運動による運動エネルギーが弾性エネルギーとして貯蔵されます。

伸張反射も当然重要になるんですが、発揮される力の大きさを考えると腕と体幹の二つの運動エネルギーを上手くパンチの運動エネルギーへ変換することが、より重要だと考えています。

その為には脱力が必須です。

SSCについて
SSCと柔軟性

パンチを打って腕が伸び切った瞬間にも筋と腱の伸張(SSC)が起こっています。

スポンサーリンク

打ち終わりに止まる

鏡に映ってパンチを打って毎回打ち終わりに腕が制止する選手が沢山います。
これが気になります。
パンチの軌道や角度を確認しているのならいいのですが、シャドウボクシングでも毎回そうやっています。
超気になる。

一度運動を静止させて元に戻してしまうと伸張反射が起こりません。
関節に力が入っているので弾性も損なわれます。
SSCが起こらないんです。

既述のようにパンチを打ち終わった瞬間に脱力すればSSCが起こります。
ゴムが縮むように勝手に戻ってきます。
そしてそれは伸張性収縮なので筋を短縮させて元の位置に戻す短縮性収縮より高速なんです。

しつこいですが、伸張性収縮を如何にして起こすかがスポーツのパフォーマンスに繋がっています。

このグラフを見れば一目瞭然です。

脱力

僕はシャドウもバッグ打ちもスパーリングも常に脱力が大前提です。
脱力こそがパフォーマンスの源なんです。
もしボクシングの基本は何かと聞かれたら、ガードでもフットワークでもなく『脱力』と答えます。
それくらいオフェンスとディフェンスのあらゆる動作に直結しているんです。
ボクシングを始めた頃からもっと徹底的に脱力を教えこんで欲しかったと思います。

柔軟性と脱力のパフォーマンスへの影響

いわゆる「バネがある」というのは脱力によるSSC動作が起こっているということです。

またパンチの打ち終わりに筋の短縮で静止させるということは、肩甲骨や肩関節の柔軟性を損ねます。
数センチでも肩と肩甲骨の質量を遠くへ飛ばしてパンチの衝撃力へつなげるべきです。

まとめ

いかにに脱力するか、もっと言えばいかに前身の関節を分離して筋の弛緩と短縮を起こせるかがパフォーマンスのカギ。
スポーツのパフォーマンスを上げるには脱力が大前提になる。

スポンサーリンク
力学を理解するアドバンテージは大きい

力学でひも解く格闘技

難しい数学はなく、簡単な具体例と図で説明してくれているので入門にピッタリです。

スポーツバイオメカニクス


僕のボクシングを考える時のベースです。
新しい動きやトレーナーのいうことが正しいか判断を行う時のベースとなります。
具体例など簡単な説明はありません。
全て数学で説明されます。
そうとうな根気がないと読めません。

大学生のための力学入門


バイオメカニクスを考える時のベースの知識です。
小難しい話なので数学や物理が苦手な方には難しい、というか挫折します。
僕みたいに尋常ならざる数学や力学に関する興味がないと読み進めることはできません。
でもこれより身の回りの現象を合理的に説明する方法はありません。

Die Hard – ダイ・ハード
この記事を書いた人
ストイック長濱

第41第東洋太平洋(OPBF)ウェルター級王者
WBC世界同級34位
WBO-AP同級3位
角海老宝石ジム所属

ストイック長濱をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ストイック長濱をフォローする
長濱陸のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました